人気ブログランキング |

ブログトップ

ロクの赤ちゃんの頃(1歳~2歳) 指差しについて。




1歳を過ぎても指差しをしないロクを心配していました131.png


指差しは1歳半検診のチェック項目なので、今までの育てにくさがなければ全然気にしてなかったと思います。


あまりの壮絶な毎日で「自閉症」について調べていた私は知ってしまったんです103.png


指差しには何段階かあって


①指向の指差し (9.10ヵ月~) 人が指差した方を見る。

②自発の指差し(11ヵ月~) 興味のあるものを指差す。

③要求の指差し(1歳~) 欲しいものを指差して訴える。

④叙述の指差し(1歳~) 興味のあるものを指差しながら、相手を見る。

⑤呼応の指差し (1歳半~)「○○はどれ?」と言われて指差す


だそうですが、1歳を過ぎてしばらく経ってもロクは①しか出来ませんでした。


焦った私はロクの手を指差しの形にして、何かを差しながら「これは○○だね~」というのを続けました。


そうするうちに ② と ③ の指差しが出る様になり、1歳半検診ギリギリで ⑤ もクリア!151.png



ただ、④ だけは微妙でした...。



1歳半検診では一応一通り出来たものの、落ち着きがないのと、私が心配していたので後日心理士?の方に見て頂くことになりました。



そこで遊んでいる様子を見て頂いた結果、



人より物に興味がある。

視覚優位の為、見えた物に反応しすぎてしまい、落ち着きが無くなってしまう。

3項関係がうまく成り立っていない。



と言われてました。


確かに、家にいる時は多少落ち着きが出てきていたのですが、病院など普段と違うところに行くと、目線がキョロキョロ、ソワソワ、私の声も全く届かなくなっていました141.png


児童館でも色んなおもちゃをとっかえひっかえ、目線は泳ぎっぱなしでグズってすぐ帰りたがってしまう為、行かなくなってしまい...。



当時、妹を妊娠中でしたが、毎日人の少ない遠くの公園に通っていました。119.png




そして、もうひとつ指摘された3項関係


3項関係とは「自己」「他者」「物」の関係のことで、物を介して他者と関わることを示しているそうです。



ロクは 自分と他者、自分と物、という2項関係が主で、3項関係がまだうまく成り立っていなかったんです。
指差しの④の項目が出来ないことも納得です。



3項関係を発達させるにはボール遊びがいいので沢山してあげて下さい、と言われたので公園や家でもボール遊びを試みていたんですが... 全然ダメでした

ボールをロクに向けて転がすと受け取るのですが、その後返ってこない...105.png



ボールをやり取りして何が楽しいの?117.pngって感じ。


ボール遊びが出来るようになったのは幼稚園に入ってからです。

完全に楽しんで出来るようになったのは、なんと小学生になってから!!103.png


やはり物を使って誰かと遊ぶのは苦手な様です。


小さい頃、ロクと遊ぶ時は追いかけっこしりとりひたすらお話をするって感じでした。


あとはロクがパズルしたり何かしてるのを近くで見てる。


ヒーロー物の人形を使って戦い遊びをするっていうのは無かったです。(女の子でいうお人形遊びかな?) 実は今さらそれにハマっていて、毎日付き合わされてます...。


その後、2歳に近づくに連れて2語文も出てきて、落ち着きは無いものの、コミュニケーションが取れる様になり子育ても随分楽になりました。


妹が生まれて、少し赤ちゃん返りをしましたが、今までの大変さに比べたら全然平気!でした。


2歳検診のことはまた後日に。

いつもありがとうございます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


a0386428_22465949.jpg

トラックバックURL : https://hachiyamazaki.exblog.jp/tb/239696787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kachiyamazaki | 2019-10-27 21:44 | Trackback | Comments(0)